• Hajime Ito

なぜタバコをやめられないか?

先月タバコの害についてご説明しましたが、「体に悪いのはわかってるけど、なかなかやめられない!」という方は多いです。​


なぜタバコをやめることは難しいのでしょうか?


ヒトの脳にはニコチン受容体という部分があり、タバコを吸うと体内に取り込まれたニコチンが、脳のニコチン受容体に結合します。


すると、ドパミンという快楽をもたらす成分が放出されるため、「タバコがおいしい」という感覚が得られます。


しかし、ニコチンが切れてくると徐々にドパミンがなくなるため、イライラしてきます。

このイライラはタバコを吸うことでしか解消できません。


そのため、またタバコを吸ってしまうのです。


タバコに含まれているニコチンによって、このようにニコチン依存症になってしまうと、本人の意志だけではやめるのは難しい場合も多いです。​


タバコはアルコールや麻薬のような強力な依存性があるといえます。​


当院の禁煙外来に一度ご相談ください。

Copyright 花園内科 All Rights Reserved.