• Hajime Ito

心不全を予防するには



心不全とは、心臓が悪いために,息切れやむくみが起こり,だんだん悪くなり,生命を縮

める病気です。


日本では,心疾患による死亡は癌に次ぎ2番めに多いです。

そのなかでも,心不全による死亡は心疾患の内訳のなかでもっとも死亡数が多い疾患です。


先日、3月23~25日に開催された日本循環器学会総会で心不全診療ガイドラインが発表されました。


特に私が注目したのは、心不全を進行性の疾患と捉え、息切れやむくみ等の症状が出現する前から、積極的に治療を行ってその進行を予防する必要があることが、強調されている点です。


また、高血圧糖尿病喫煙などが将来的に心不全を発症するリスクを高める可能性が高いとして、これらに対する積極的な治療も呼び掛けています。


心不全はある程度進行すると、息切れやむくみ等で非常につらい思いをしますし、寿命も縮みます。


現在心臓に病気がある方は勿論、現在心臓に病気が無くても、心不全の発症予防を心がけていくことが重要なのです。



Copyright 花園内科 All Rights Reserved.