新型コロナウィルス 遺伝子検査がご利用可能になりました。

更新日:11月18日



花園内科ではこの度、新型コロナ感染症遺伝子検査システムID NOWによる、コロナウィルスの遺伝子検査がご利用可能になりました。


NEAR法という遺伝子増幅方法を用いているため短時間で結果がでます。この検査はPCR検査と同等の遺伝子検査です(PCR法と陽性一致率 93%、陰性一致率98%)。日本の厚生労働省でも承認済みです。


約15分で結果判定可能で、当院書式での陰性証明書は当日中に発行できます。指定されている陰性証明書や診断書、英文診断書、海外渡航用の診断書については事前にお問い合わせください。


金額について

・自費検査 20000円(税込)

・陰性証明書 英語4000円(税込) 日本語2000円(税込)


海外渡航用の英語陰性証明希望の方は、渡航先の大使館等に下記ご確認ください。

両方ともOKでなければ当院では検査できません。

 ・検体採取方法は鼻咽頭拭い液、鼻腔拭い液のいずれかでよいか?

 ・検査法は核酸増幅法のNEAR法でよいか?


ご希望の方は、お電話でお問い合わせください。


※発熱などの症状があり、医師の診察で必要と判断された場合や、新型コロナ感染者の濃厚接触者とされた方は保険適用の検査も可能です。



0件のコメント

最新記事

すべて表示