• Hajime Ito

脳梗塞の原因となる不整脈、心房細動について


少し前の話ですが、野球の元巨人監督 長嶋茂雄さんが脳梗塞になられたのを覚えている方は多いと思います。

長嶋さんは一命をとりとめたものの、右半身麻痺や言語障害が残っています。


長嶋さんの脳梗塞の原因となったのが、心房細動という不整脈です。


心房細動になると、心臓の中で血液がよどみやすくなり、血栓という血の塊ができやすくなります。


その血の塊が心臓の外に出て、脳の血管で詰まってしまうと脳梗塞を起こしてしまします。


心房細動による血栓で引き起こされる脳梗塞は、単純な脳の血管の動脈硬化による脳梗塞に比べ、重症化しやすいことが知られています。


心房細動がある方で、一定の条件を満たす方は、抗凝固薬という血液を固まりにくくする薬を飲むことで、脳梗塞の発症する確率を減らすことができます。


脈の乱れを感じる方、動悸を感じる方、健診などの心電図で不整脈を指摘された方は、一度受診して心房細動かどうかを調べることをオススメします。




Copyright 花園内科 All Rights Reserved.