• Hajime Ito

認知症と糖尿病の意外なカンケイ!?

最終更新: 2018年8月25日


認知症には様々な原因があります。

近年注目されているのが、認知症と糖尿病の関係です。


糖尿病がある患者さんに、認知症の発症率が高いことが、世界各地の研究グループから報告されています。


わが国でも、2016年に富山大学のグループが、糖尿病があると認知症を発症するリスクが約2倍であることを報告しています。


2013年に医学誌「New England Journal of Medicine」に掲載された研究結果によると、糖尿病と診断されていなくても、血糖値が高い人は最大20%程度、認知症になるリスクが高いとのことです。

Crane PK et al. Glucose levels and risk of dementia. N Engl J Med. 2013 Aug 8;369(6):540-8.


糖尿病によって、アルツハイマー病のリスクが高まるほか、脳血管の動脈硬化が進行することも、認知症のリスクが高まる原因と考えられています。


糖尿病は、認知症のほかにも、心筋梗塞や脳卒中などのリスクを高めます。


糖尿病を指摘されている方は、放置せずに治療を受けましょう!

最新記事

すべて表示

地中海食を取り入れてみましょう

地中海食とは、イタリア、ギリシャ、スペインなどの地中海沿岸の国々の人が食べている伝統的な料理のことです。​ この地中海食が、動脈硬化による狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの病気の予防につながることが報告され、今注目されています。​ 国によって細かい違いはあると思いますが、地中海食には以下のような特徴があります。​ ・野菜や果物を沢山食べる。​ ・肉よりも魚を多く食べる。​ ・オリーブオイル、ナッツ、豆

増加する心不全

医療技術の進歩等によって、日本人の平均寿命は大きくのびましたが、高齢者の方に増えているのが心不全です。​ ​ 2018年に報告された日本の疫学データでは、心不全で入院する方は毎年1万人ずつ増えています。 心不全とは、心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、命を縮める病気です。​ ​ 上図のように、心不全は徐々に進行する病気です。​ ​ 注目していただきたいのは、心不全の症状(息

Copyright 花園内科 All Rights Reserved.