• Hajime Ito

そのいびき、危険です!睡眠時無呼吸症候群と突然死について。



睡眠時無呼吸症候群があり、夜間に低酸素状態となっている方は、夜間の突然死のリスクが60%~260%も増加することが、アメリカでの大規模な研究で報告されています。

(出典:Gami AS et al. J Am Coll Cardiol. 2013; 62: 610-616.)


無呼吸で低酸素になることで、心臓に負荷がかかり、重症の不整脈などを発症しやすくなるためと思われます。


睡眠時無呼吸症候群は、昼間の眠気を引き起こすだけでなく、このような重大な病気の原因となる場合があります。


最近、「睡眠負債」が話題になっていますが、睡眠時無呼吸症候群は睡眠負債よりも、はるかに危険といってもよいと思います。


花園内科では、家庭でもできる簡易検査を行っています。


いびきがうるさい、と言われる方は一度検査を受けることをお勧めします。

Copyright 花園内科 All Rights Reserved.