• Hajime Ito

チョコレートと心臓の甘い関係??


昨日はバレンタインデーでしたね。


皆さんはチョコレートに心臓病の予防効果がある、と言われているのをご存知でしょうか?


チョコレートを定期的に食べている人は、食べていない人と比べて、心臓病になる確率が20~40%程度低かったという研究結果があります。(出典:Heart Published Online First: 15 June 2015. doi: 10.1136/heartjnl-2014-307050


同じような研究結果も多数報告されており、ある程度の信頼性があると思われます。


チョコレートはおいしいけど、体に悪いのでは?と思うかもしれません。


フラボノイドというカカオに含まれるポリフェノールの一種が、血流の改善などの効果があると言われていますが、はっきりとしたことは分かっていません。


もちろん、糖分や脂肪分の取りすぎはよくないので、もし食べるなら、カカオの割合ががなるべく多い(70%以上くらいがよいでしょう)、甘さ控えめのダークチョコレートを選ぶとよいと思います。


どのくらいの量まで食べていいかも、はっきりとはわかっていませんが、多くても1日100g程度までにしておいたほうがよさそうです。


言わずもがなですが、チョコレートさえ食べていれば心臓病が予防できるわけではありません。

野菜や魚を多く摂取し、適正な体重を保ち、定期的に運動することが最も重要なことです。







Copyright 花園内科 All Rights Reserved.